WBSCプレミア12の韓国代表の戦績や結果は?パクビョンホの成績はどんな感じ?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


2015年11月8日に日本対韓国で開幕したWBSCプレミア12ですが、

日本は予選ラウンドで5戦全勝し決勝トーナメントのプエルトリコ戦も最終回に3点取られたものの

安定したゲーム運びで準々決勝を突破しました。

そして、次戦の準決勝の相手はまたしても韓国。

開幕戦で戦った時にも、また対戦することになるだろうなと思ってはいましたが・・・

と言う事で、今回は

韓国の予選ラウンドでの戦績は?

注目されていたパクビョンホ選手の成績は?

についてかいていきたいと思います。

パクビョンホ1

出典 http://matome.naver.jp/

韓国の予選ラウンドでの戦績は?

それでは早速、予選ラウンドの韓国の成績を見ていきたいと思います。

11月8日 対日本戦 0-5 負け

11月11日 対ドミニカ戦 10-1 勝ち

11月12日 対ベネズエラ戦 2-13 勝ち(7回コールド)

11月14日 対メキシコ戦 4-3 勝ち

11日15日 対アメリカ戦 3-2 負け(延長10回)

と言う事で3勝2敗で3位通過となりました。

ただ、やはり初対戦のバッターやピッチャーがほとんどの中では情報が少なく難しいところもあると思うのですが、

そんな中でも前評判通り打線は好調だと思いますし、日本との対戦の時も満塁の場面など得点のチャンスは何回かあったので、

完封負けを喫してはいるものの、”完璧に抑えられた”という感じではなかったと思います。

しかもベネズエラ戦では7回コールドですし日本がヒット5本に抑えられたドミニカからも10点で大勝していますので、

非常に応用力があり、長打や巧打も出来る選手が並んでいるので対戦国にとっては怖い打線となっていると思います。

また、準決勝の日本対韓国の再戦では日本の先発は前回と同じ大谷翔平投手と言う事なのですが、

やはり1度対戦している分対応もしやすいでしょうし以前よりも余裕をもって来られると思うので、

簡単には抑えられないような気がしますね。

とは言っても”分かっていても打てない”というボールを投げるのが大谷投手だと思いますし、絶対に負けられないゲーム

と言う事でギアを更に上げてくると思うので日本を応援する身としては再び快投を期待したいですね!

Sponsored Link

注目選手のパクビョンホは活躍している?

大会前から韓国リーグで”4年連続ホームラン王+打点王”や”飛距離が凄まじい”と言う事で、

もっとも注意すべきバッターとして注目されていたパクビョンホ選手ですが、

今大会の成績はどんな感じなんでしょうか?

パクビョンホ選手に関する記事はコチラ⇒パクビョンホ(朴炳鎬)の成績やホームラン数は?2016年はメジャーに行くか巨人が補強?

まず第一線目となった日本戦では2塁打を含む2安打を放ち上々のスタートとなったが、

台湾に移動して迎えたドミニカ戦そしてベネズエラ戦ではまさかのノーヒット。8打数無安打1四球だった。

この2戦3戦はチームとしては両方とも二ケタ得点と打ちまくっていたが、主砲には快音がなかった。

因みにここまでの12打数2安打で打率.167

そして第4戦目はメキシコとの対戦でしたが、3回にチームとして4点目となるソロホームランを放ち自身としては初ホームランとなった。

この試合でメキシコの監督は”パクビョンはメジャーリーガー級”と絶賛していたようでホームランを打った事もあると思いますが、

スイングや雰囲気からもそう感じられたのかもしれないですね。

そして、予選ラウンド最終戦となったアメリカ戦は足の指を痛めていたと言う事でスタメンからは外れましたが、

代打で登場し外野フライに終わったという事です。

と言う事で、やはりメジャー移籍とかの話もありますし、本人もそれだけ注目されているというプレッシャーもあると思うので、

不本意な結果になっているのかなと言う気もしますが、ここぞの集中は凄いと思いますし、

実績もある選手なので、いつ目覚めるか分からいので非常に注意すべきバッターであることは変わらないと思いますね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...