内川聖一の横浜ベイスターズに対する発言(名言)が酷い?3割の打率は何年連続?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


今回もソフトバンクホークスの内川選手に関するネタです。

ちょっと内川選手のことを調べていて、内川選手の名言っていうのを見つけました。

ここまで活躍している選手なので、どれだけいいことを行っているのかと思いきや内容は正反対で笑えたので、後半にまとめたいと思います。

前半は3割を超えて安定している内川選手の打率に関してです。

 

内川聖一選手は連続で3割を超える打率を維持してる?

uchibat
引用元:http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2014/04/17/post_385/

2008年に3割を超える打率”.378″をマークしてから2014年までの7年間は3割を超える打率を残しています。

詳細はこんな感じ
2008年 .378
2009年 .318
2010年 .315
2011年 .338
2012年 300
2013年 .316
2014年 307

なんか2012年がすごく危ないですが(笑)ここまで連続で3割を超えていますね。

やっぱり安定して結果を残しているのがいまの年俸に繋がっているんですかね。

ちなみに試合出場数もまいとし100試合を超えているので、特別打席が少なかったというわけでもないですね。

2015年はどうなるかはわかりませんが、終盤で3割無いので結構危ないです。といっても打つところでは打っているので不調っていう風には見えないですね。

Sponsored Link

内川聖一選手の名言がひどい?

最初にいっておくと名言といわれるもののほとんどは内川選手がもともと所属していた球団、”横浜ベイスターズ”をネタにした発言です。

ネットのいろいろな所にこの名言が出回っていますが、中にはTwitterのBot(自動的に決められた文章をつぶやくアカウント)になっているものもあります。コレとかコレとか。

探せばいろいろとあるんでしょうが代表的なのを抜粋

「僕自身横浜を出ていく喜びもあった」
「横浜の時は借金から始まっていた」
「勝っても負けても変化の無い毎日」
「去年までは、負けても自分のせいではないという考えもあった」
「ベイか優勝争いかのどちらか」
「セでは味わえなかったドーンときてガシャーンとやられる感覚」
「SBからの連絡でスタートラインに立てた」
「パ・リーグのほうが盛り上がってる」
「横浜だと勝っても借金が多くて喜べなかった」
「横浜にいたら自分がダメになると思った」
「昨年までは優勝にかかわることがなかったので、今年初めて交流戦にMVPがあることを知った。」
「ソフトバンクに来て良かったと心から思った」
「優勝争いをしたことがないからどれくらいゲーム差があればいいのかわからない 」
「(マジック点灯について)ホークスのファンの皆さんは慣れているかもしれませんが、僕は初めてのことですからね(笑)。ワクワクしますね」
引用元:http://spoiler2.sakura.ne.jp/home/archives/305

中には本当に言ったのそれ?って感じの発言が混じっていますね。

ホークスに行ってからの内川選手はベイスターズファンの人たちからあんまりよく思われていないようで、交流戦の時は大ブーイングだったそうですね。

まあこれだけ言えばそうなるでしょうけど。

よっぽど横浜時代に不満があったのか、ホークスが強すぎて今までのはなんだったんだろうっていう気になったのか、それとも両方なのかはわかりませんが、意外と根に持つ性格なのかもしれませんね(笑)

感想

まあやたらと横浜時代が不満だったような発言をする内川選手ですが、最初に横浜に入ったからこそ今活躍できているっていうのもあるんじゃないかと思ったり。

個人的には(名言が)面白と思うのでいいですけどね。

内川選手のプロフィールなどの関連記事はこちら
内川聖一はアナウンサーと結婚して子供もいる?横浜時代の活躍はどうだった?
ソフトバンク内川聖一はアゴの手術代で年俸がアップした?いままでの打順は何番だった?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...