高山優希(大阪桐蔭)投手の変化球や投球スタイルは?成績や球歴はも凄い!?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


高校野球界の名門である大阪桐蔭。

多くのプロ野球選手を輩出している同高校ですが、今年も将来有望な原石がいるようです。

その選手は高山優希投手です。

と言う事で、2016年のセンバツ高校野球でも大注目のこの選手について

プロフィール

成績や球歴は?

変化球や投球スタイルは?

と言う事について書いていきたいと思います!

高山投手のプロフィール

高山 優希

大阪桐蔭

1998年5月17日生まれ

大阪府大阪市出身

身長・・・180㎝

体重・・・70㎏

投手

左投げ左打ち

大阪桐蔭のエースナンバーを背負っており、体型はスラっとしており手足が長い印象ですね。

Sponsored Link

成績や球歴は?

球歴

小学校時代

野球を始めたのは小学校1年生の時。

森之宮キャッスルという軟式野球チームに所属していたそうです。

中学校時代

大阪市立城陽中学校に入学してからは部活ではなく大阪東ボーイズという硬式野球チームに入団。

中学3年生の時には野茂秀雄氏が総監督を務めるNOMOジャパンの一員としてアメリカ遠征にも行っている。

高校時代(現在)

大阪桐蔭に入学した高山投手はその素質を認められ1年生の秋にはベンチ入り。

2年生時の選抜の敦賀気比戦で甲子園デビューを果たし4.1回を無失点に抑え好投した。(10点ビハインドでの登板)

3年生が引退した秋からは背番号1をつけエースとなり2016年の選抜出場を大きく手繰り寄せる近畿大会優勝の

原動力となった。

成績

2015年春の選抜

対 敦賀気比

1試合 4.1回 4被安打 3奪三振 1与四死球 自責点0

2015年秋

近畿大会(優勝)

4試合 3先発 26回 22被安打 24奪三振 13与四死球 7失点

神宮大会(準決勝敗退)

2試合 2先発 10回 9安打 5奪三振 7与四死球 2失点

高校生と言う事で凄い勢いで成長を遂げている高山投手は2015年に行われた、

新宮大会の準決勝の高松商業戦で自身最速の150㌔をマーク。

四死球の多さも目立ちますが左の速球派と言う事で球界の注目度、期待度も高いようですね。

変化球や投球スタイルは?

高山投手の持ち球

ストレート、スライダー、カーブ、フォーク

ストレートの最速は先ほども書きましたが、2015年の11月に150㌔を計測している剛球です。

変化球は緩いカーブ120キロ代のスライダーとフォークを投げると言う事で、コントロールは別として、

キレはあるように見えましたね。

投球スタイルはワインドアップからゆったりとしたフォームで上から投げ下ろすような感じで、

投げ終わった後によく帽子を落としている印象ですね(笑)調子が良いと落ちる?

takayamabousi

出典 http://blog.livedoor.jp/

この脱力感からリリース時に力を込めるようなフォームなので、打者もタイミングが取りにくく、

そのうえで150㌔と言う速球を投げ込んでくるので打ちずらそうですね。

割合的にもストレートが多く変化球は少なめになっています。

ただ、コントロールに関してはまだまだ発展途上の様でばらつくこと多いので、

この剛球と変化球にコントロールが加われば選抜や夏の大会でも大活躍しそうな予感がしますね。

と言う事で、まずは出場がほぼ決まっている春の選抜での投球に注目ですね!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...