<プロ野球>最強の守護神は誰?成績比較と評価!2015セ・リーグ編

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


2015年8月22日現在、混戦のセ・リーグですが、

今回は、そんなセ・リーグ各チームの抑え”守護神”に成績を比較しピックアップしていきたいともいます。

良い抑え投手がいるチームはこの終盤戦で上位に挙がってくると思うので、

しっかりチェックしていきたいと思います!

各チームの抑え投手の成績

阪神タイガース

呉 昇桓(オ スンファン)

37セーブ 54登板 2勝 2負 5ホールド 244打者 58投球回 54被安打 6被本塁打 17四死球 60奪三振 19自責点 防御率2.95

読売ジャイアンツ

澤村 拓一

26セーブ 45登板 6勝 3負 2ホールド 218打者 51.1投球回 47被安打 4被本塁打 20四死球 42奪三振 9自責点 防御率1.58

ヤクルトスワローズ

バーネット

28セーブ 42登板 2勝 0負 5ホールド 178打者 46投球回 27被安打 0被本塁打 14四死球 38奪三振 3自責点 防御率0.59

広島カープ

中崎 翔太(なかざき しょうた)

18セーブ 49登板 0勝 6負 9ホールド 215打者 51.1投球回 47被安打 3被本塁打 19四死球 42奪三振 17自責点 防御率2.98

DeNAベイスターズ

山﨑 康晃(やまさき やすあき)

32セーブ 48登板 2勝 2負 6ホールド 173打者 46投球回 27被安打 1被本塁打 10四死球 58奪三振 8自責点 防御率1.57

中日ドラゴンズ

福谷 浩司(ふくたに こうじ)

19セーブ 42登板 3勝 4負 4ホールド 176打者 40投球回 38被安打 3被本塁打 23四死球 25奪三振 18自責点 防御率4.05

※成績は2015年8月22日現在

セ・リーグの注目抑え投手はなんといってもDeNAの山崎投手ですね!

亜細亜大からドラフト1位で入団した1年目の投手ですが、

今年すでに32セーブをあげており、1990年の与田剛の新人最多セーブ記録を抜いて日本記録を達成しました。

残り30試合ぐらいあるのどこまで伸ばすか注目ですね!

そして、防御率でみてみるとヤクルトのバーネットが断トツですね。

0.59。46回を投げてわずか3失点。安定感の塊ですね(笑)

欲を言うと四死球がもう少し少なくなると、言う事なし!ですね。

阪神のオスンファンは37セーブと両リーグでトップですが、

去年の成績と比べると防御率など物足りない気がしますね。

Sponsored Link

評価

広島の中崎投手ですが、23歳と若く186㎝96㎏と恵体の持ち主でストレートの最速も153㎞を記録しています。

しかし、投球回51回に対し被安打47本とちょっと打たれすぎなイメージがありますね。

僅差の試合の最後を任せるには少々不安があるので、種類の多い変化球の制度をあげ、

抑えとしての経験を積んでいけば、まだまだ伸びると思いますのでぜひ頑張ってほしいです!

セリーグの最強守護神は!?

筆者が思うセ界最強の抑えは・・・

DeNAの山﨑康晃投手です!

これかの期待も込めてですが、それを考慮しなくても1年目とは思えないほどの安定感で、

風格すら漂ってきています。

これで新人なのでこれからが末恐ろしいですね・・・

山崎康光

出典 Wikipedia


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...