サッカーの試合が雨天中止になる条件や例は?大雨(豪雨)でも中止にならない理由は?

サッカー
スポンサーリンク

サッカーって基本的には野外でプレーするスポーツで、雨が降っても試合が中止になったりしないですよね。

でも実際に中止になったりする試合はあるので、どういうときに中止になっているか気になりますよね。

ということで今回はサッカーが中止になる条件について調べてまとめてみました。

soc
引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXZZO37052500W1A201C1000000/

スポンサーリンク

サッカーの試合が中止になる条件は定められている?

これに関しては特にどういう状況だったら中止にするとかいう規則がないため、サッカーをできる状況なら普通にやるということみたいです。

つまり逆に中止になる条件が書いてないから普通にプレーできるならやるっていうことですね。

なので中止になる条件っていうのは曖昧なものになりますね。

例えばサッカーが成り立たないような状況になったり、観客に危険がおよんだりした場合には中止にするようです。

何で大雨でも中止しないの?

これには歴史的な背景があるようですね。

サッカーはイギリスではじまったスポーツですが、なぜ雨でもやるかというと、

イギリスでサッカーは紳士のスポーツ⇒紳士は約束をまもらなくてはいけない。

つまり試合をやると決めたからには何があってもやらないといけなかったという理由があったようです。

そのほかにもイギリス人は、雨に濡れるっていうことに対して私たち日本人よりも寛容なようで、そのため雨が降ったから試合をやらないということにはしなかったようですね。

この辺りは文化の違いですね。

イギリスでは他の屋外スポーツは基本的に雨天決行みたいですね。紳士って大変ですね(笑)

それ以外にもサッカーはボールが大きいので雨が降っていても影響を受けにくいっていうのはあると思います。

まあそれでも確実に影響は出ていますけど。

Sponsored Link

試合中止の例は?

いままで試合が中止になった例はいくつもありますが、原因としては

雷雨:選手も観客も危険にさらされる

台風風が強くて観戦どころじゃない上に交通機関もストップ

地震:地震によって深刻な被害があった場合

濃霧:視界がわるくなるので、ボールが見えないのはもちろん観戦もできない。

豪雨:水はけが悪いグラウンドだと、ボールが跳ねなかったりとサッカーとしてのゲームにならない場合

積雪 :雪が積もり、なおかつ除雪困難な場合、交通機関にも影響が出る場合。

他にも噴火などの災害なんかが中止の原因になるようです。

基本的にはこんなかんじのようです。

つまりは自然災害で試合どころじゃないよっていうときに中止になるみたいですね。

ただの大雨で、観客などに危険がない場合だったら普通にやるっていうことのようですね。

実際にはどのような規模の悪天候で中止になるのか?【Jリーグ】

では、実際にはどの程度の悪天候で中止になるのでしょうか。

Jリーグの例を見てみると、上の例でも説明したように、台風、雷雨、地震、火山の噴火、大雪 or 積雪というのがあります。

このなかで最も多いのが台風ですね。台風の場合だと規模によりますが多くの交通機関がストップしてしまう場合、選手や観客ともに危険な場合は中止になります。

つぎに雷雨、そして火山の噴火や積雪はほとんど例がないようです。

ちなみに積雪で中止になった例の写真はこちらです。

これは2013年のものですが、ゴールデンウィーク前の4月21の試合が雪で中止になったようです。

フィールド全体が真っ白ですね。さすがにこれはではまともな試合はできないでしょう。

引用元: https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/04/22/kiji/K20130422005658080.html

また、試合途中で中止になった理由として集中豪雨、雷雨 という例があります。

雷雨に関しては安全上の問題から中止になります。これはどの屋外スポーツでもそうだと思います。

じゃあ雨の規模は?っていうことになりますね。これに関してはJリーグの例からみると、基本的にピッチコンディションによって決定するようです。つまり、判断する人やそれぞれのスタジアムによって変わってくるということですね。

ちなみに、

Jリーグでも雨での試合中止例がいくつかあり、その後は

1、再試合(もう一度最初からやり直し)
2、中断したところから再開(時間や点数を引き継いで再開)
3、試合成立(試合が終わったものとする)

という3つの中から選ぶようです。

まとめ

サッカーの試合が悪天候で中止になるような明確な条件はない。

台風だったり雷雨だった場合は、観客も選手も危険なので中止。これはどのスポーツでも同じですね。

サッカーをやったことがある人ならわかるかと思いますが、雨でも多少ならプレーに影響はほとんどないですよね。

ただ、大雨になってくると視界が悪くなったり、グラウンドがぬかるんでくると思うようにプレーできなくなります。

なのでそのあたりを加味して判断しているということですね。

でも、せっかくの試合なのに雨が降ったらテンション下がるので晴れているときの試合のほうがいいですよね。

コメント

  1. 匿名 より:

    大昔のトヨタカップだったですかね。
    FCポルトのマジェールとか来た年。
    あり得ないくらいの大雪だった気が。。

タイトルとURLをコピーしました