スキーのシーズン(初滑り・オンシーズン・春スキー)の違いは?それぞれのメリット・デメリットなどまとめ

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


スキーといえば冬のスポーツですが、冬って言っても期間はあいまいですよね。

場所によって気温は違うし、雪の量もちがいます。

同じ場所でも何月に行くかで雪の質が大きく変わります。

今回の記事ではその違いについてまとめてみたいと思います。

skii

シーズンでの違いは?

スキーのシーズンというのは特に決まっていませんが一般的には11月始めあたりから3月終わりだと思います。

場所によっては11月から滑れたり、ゴールデンウィークあたりまでいけるところもあります。

国内に限定しなければ1年じゅう滑ることはできます。(まあ今回は国内の話で)

そのシーズンのなかでも、初滑り、オンシーズン、春スキーに分けられます。

期間で見るとこんな感じでしょうか

11月初め:オープン

~12月中旬:初滑り

12月中旬から2月下旬:オンシーズン

3月上旬~3月下旬 春スキー

初滑りでは、山のまだ雪が少なく、滑れるコースが限られていることがあります。

そのため人口雪で作られたコースが少しあるだけというケースも・・・。

スキー場を満喫するためにはまだ早い季節ですが、その分お客さんもすくないので、混雑はマシだとか。

次にオンシーズンは雪も多く、一番お客さんの多い季節ですね。

雪の質もよくて曲がりやすく、快適にスキーを楽しめます。

スキー場を満喫するならこの季節に行きましょう。

ですが、吹雪になったりもすることがあるので注意です。

最後に春スキーです。

春スキーは3月ごろからでこの時期はだいたい雪が融け始める時期です。

雪の量が減るのはもちろんですが、オンシーズンとの違いはなんといっても雪の質です。

コースの雪が解けて氷のようになっているので、スキーのエッジが効きにくいのもあって曲がりにくかったりします。

地面が見えているところもあったりするので、スキー場の雰囲気もオンシーズンにい比べて変わって見えますね。

Sponsored Link

それぞれのメリットデメリットのまとめ?

先ほどごちゃごちゃと書いたことをまとめておきたいと思います。

まずはリフト料金

料金は、オンシーズンが一番高いです。

春スキーや初滑りはオンシーズンに比べてすこし安くなっています。(だいたい数百円ですかね)

 

混み具合

オンシーズンが一番混みます。

でも春スキーもほとんど人がいないというわけではないです。

場所によると思いますが結構人はいます。

 

滑りやすさ

オンシーズンがやはり滑りやすいです。

滑りにくいのは春スキーで初心者にとっては大変だと思います。

逆に春スキーが好きな人もいるようです。

 

寒さ

当たり前ですが、春になると温かくなって雨が降る可能性があります。

逆にオンシーズンはかなり寒く、吹雪になるとまともに滑れないことがあるので最悪です。

個人的にはどっちも最悪だと思うのですが、これは運なので天気予報をチェックしつつ行くしかないですね。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...