QSやHQSとは?QS率の高いプロ野球やメジャーの投手は誰だ!?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


QS(クオリティースタート)やHQS(ハイクオリティースタート)という言葉や文字を聞いたり見たりしたけど”どういう意味なの?”とイマイチぴんとこない方も多いと思います。

また、良い意味だとは思うけど具体的にはどんな事か分からないという方もいると思うので、今回はそのQSやHQSについて以下の項目に分けて書いていきたいと思います!

QSやHQSとは?

簡単に説明すると、

QS(Quality Start)・・・先発をした投手が6イニング以上を投げて、かつ自責点が3点以下のときに”QS”が記録される。

HQS(High Quality Start)・・・先発をした投手が、7イニング以上を投げて、かつ自責点が2点以下のときに”HQS”が記録される。

注意点としては、例えば6イニングを投げて自責点が3点以下でも7イニング以降に4自責点目がついてしまうとQSは記録されないという点ですね。

なので、9イニングを投げて4自責点では”QS”はつかず、6イニング3自責点で降板した場合は”QS”が記録されることになります。

という事で、先発して6イニング以上を投げ3自責点以下であればチームの勝ち負けに関わらず”QS”か”HQS”が記録されるということですね!

なので、先発投手としては”QS率が高いほど安定感がありしっかりと試合を作ってくれる”という指標にもなっていので、日本ではあまり聞かない記録ですが、メジャーでは好投手かを判断する上でも重要な項目の一つになっていうようですね。

確かに、先発投手は長いシーズンのなかでローテーションを守り続ければ20試合から30試合くらいの登板機会があるわけなので、その中で、あまり浮き沈みなく安定して結果を残せる”QS”率の高い投手はチームとしても計算できますし安心できると言う意味で、必然的に高い評価になるわけですね!

特に、メジャーでは先発投手の球数がだいたい100球前後で降板させるということが多いので、その中で6,7回以上投げて試合を作ってくれる投手というのは非常に重宝されそうですね。

その影響か、メジャーでは小さく動くボールを投げる投手が多くゴロアウトで球数を減らせるようにという傾向もあるように思います。

Sponsored Link

QS率が高いピッチャーは誰だ!?

上記でQSやHQS率が高い投手ほど好投手という一つの指標になっている事がわかったと思いますが、実際にはどんな投手達が高い率を残しているのか?という事で見ていきたいと思います!

プロ野球(2019年の記録)

山本由伸(オ)  20登板 防御率1.95 8勝6敗 QS率80%

千賀滉大(ソ)  26登板 防御率2.79 13勝8敗 QS率76.92

有原航平(日)  24登板 防御率2.46 15勝8敗 QS率73.91

西勇輝(阪)   26登板 防御率2.92 10勝8敗 QS率73.8%

大野雄大(中)  25登板 防御率2.58 9勝8敗 QS率72%

という事で、2019年の日本プロ野球の記録から見てみると主な先発投手でQS率が70%超えていたのは上記の投手だけでした。

やはり各チームのエースと言われている投手達が安定した投球をしていたのが分かりますね!

QS率が70%越えでも凄いのですが、その中でもトップはオリックスの高卒3年目の山本由伸投手でした。

2018年は中継ぎとして活躍していましたが、先発に転向した今期はさらに安定した投球を披露しており、早くもオリックスのエースそして日本のエースにもなる存在になりそうな逸材ですね。今後が最も期待できる投手の1人です。

そして、もうすぐWBSCプレミア12も開幕するので国際舞台での山本投手の投球にも大注目したいですね!

ただ、20登板だからと言うのあるかもしれませんが、この防御率、QS率ならもう少し勝ちをつけてほしかったなと思いますね・・・。

因みにメジャーの日本人投手(2019年)で見てみると・・・

前田健太(ドジャース)     26先発 防御率4.04 QS率34.61%

ダルビッシュ有(レンジャース) 31先発 防御率3.98 QS率35.48%

田中将大(ヤンキース)     32先発 防御率4.45 QS率46.87%

菊池雄星(マリナーズ)     32先発 防御率5.46 QS率37.5%

そして2019年のメジャーリーグでQS率のトップ

ゲリット・コール(アストロズ)33先発 防御率2.50 20勝5敗 QS率78.78%

ジャスティン・バーランダー(アストロズ)34先発 防御率2.58 21勝6敗 QS率76.47%

ザック・グレインキー(アストロズ)33先発 防御率2.93 18勝5敗 QS率72.72%

パトリック・コービン(ナショナルズ)33先発 防御率3.25 14勝7敗 QS率72.72%

となっており、QS率トップ3はアストロズの3投手でした・・・

MLBのトップ3の投手が3人もいると言うことで、どおりで強いわけですね。

こんな先発陣が揃っているチームの監督をやりたい人は多そうですね。

出典 http://yaqjin.blog.fc2.com/blog-entry-370.html

2019年年に関しては、日本人投手陣の成績はお世辞にも”良い”とは言えませんでしたね。

ただそんな中でも、ダルビッシュ投手は後半戦から非常に良くなりましたし、前田健太投手も、ポストシーズンで中継ぎとして大活躍するなど、良い場面も沢山あったので、来年も日本人投手を注目して観ていきたいですね!

まとめ

QS、HQSはその投手の全てを表す数字ではないが、先発投手を判断する上では”試合を作ってくれる””信頼できる”という安定感を表している数字のように見えますね。

勝ち星は援護点などによっても左右してきますが、QS率は投手のみで判断できる指標なので好投手の一つの条件になっていると思いますね!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • 匿名
    • 2018年 5月15日

    マー君シーズン負けなしの時は100%だったから負けにくい要素はあったんだねー

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...