Sponsored link

野球

野球における二刀流の定義について解説!二刀流のメリット・デメリット

 

今回の記事では野球における二刀流について、その意味と詳しい定義について解説します。

また、二刀流をすることのメリットとデメリットについてもまとめています。

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/photonews/photonews_nsInc_202201150000144-0.htmlより引用

野球における二刀流の定義の詳細は?

 

一般的に二刀流とは、2本の刀を使って戦うことですが、野球の場合は違った意味になります。

刀の一本は投手としてプレーすること、そしてもう一本は野手としてプレーすることです。

英語では Two way playerと呼ばれます。こちらのほうが意味的には理解しやすいですね。

メジャーリーグでの二刀流の定義について

メジャーリーグで正式に二刀流のルールができたのは最近のことで、2020年から適用されています。

そのきっかけとなったのが日本からメジャーリーグに挑戦して活躍している大谷翔平選手です。

大谷翔平の肉体改造の方法や体重推移は?2016年は投手より打者の方が良い!?

大谷翔平の甲子園での実績・記録とその時代の花巻東の戦績まとめ

2022年現在、明確には以下の条件を満たした選手が二刀流と呼ばれます。

二刀流(Two way player)として登録する条件

  • メジャーリーグで20イニング以上を投げる。
  • 20試合に野手として先発し、それぞれの試合ごとに3打席以上打席に立つ。

シンプルにこの2つが条件としてあります。

どちらも達成するだけなら簡単ですし、だれでもできます。

ただ、ほとんどの選手はどちらかはうまくいっても両方で良い結果を残すことは難しいです。

いままでの歴史の中でも投手は投球に専念、野手も打撃力や守備力を上げることに専念するので、

両方を高いレベルでこなせる選手はほとんどいません。

しかし、両方を高いレベルでこなせる選手がいればこのルールの恩恵は大きいです。

今までのルールでは、選手は必ず投手か野手で登録することになっており、

シーズン中に登録を投手から野手に、または野手から投手に変更することができない。

試合では、野手は特定の条件を満たさなければ投手として出場できないなどの制限がありましたが、

二刀流の場合はこれらの制限を受けずに出場することが可能になります。

実際にこのルールが制定されてから、二刀流選手の育成も増えているようです。

日本プロ野球での二刀流の定義について

メジャーリーグではごく最近に二刀流(Two way player)に関するルールができましたが、日本プロ野球ではそのようなルールは今のところありません。

つまり、野手が制限を受けずに登板することは可能なのです。

ですが、メジャーリーグと比べても野手は野手に、投手は投手に専念という雰囲気が強く、

そのような中で野手が投球したりする流れはほとんどありません。

そのため、日本では二刀流は可能ですが、難しいというのが現状です。

過去には二刀流で投手と打者の両方で記録を残した選手たちがいます。

主な選手としては、景浦将選手(1936年~1943年)、野口次郎選手(1939年から1953年)、

関根潤三(1950年~1965年)がいます。彼らは投打において優れた成績を収めています。

ですが現在はほぼいません。

実際に二刀流が注目を集めたのは最近なんですよね。

そしてその原因に大谷選手が大きくかかわっているのも確かだと思います。


Sponsored link

二刀流のメリット・デメリット

二刀流のメリット

実際に二刀流をやることのメリットとして次のものがあげられると思います。

  • 試合に出る機会を増やせる(チームにより貢献できる)
  • ケガによって野手または投手でプレーできなくなってもプロを続けることができる
  • 能力がある選手なら、より自分の総合力を伸ばすことができる

二刀流のデメリット

メリットの陰にデメリットがあります。

  • 体にかかる負担が得るため、ケガや故障の確率が上がる
  • 投手か野手、片方で精いっぱいの選手はどちらも中途半端になってしまう可能性がある

Sponsored link

まとめ

二刀流は最近になって騒がれていることで、特に大谷選手の活躍が大きく影響しているといえます。

二刀流の定義も2020年にメジャーで新しくルールとして定義されたもので、条件を満たせば、選手の起用の幅を広げることができる素晴らしいルールであると思います。

また、過去(1900年代前半)には日本プロ野球で二刀流として活躍していた選手はいましたが最近までは野手は野手に、投手は投手に専念という考えが一般的でした。しかし、最近では特に若い選手を中心に二刀流に挑戦する選手も出てきています。

個人的には二刀流の選手が増えることによってさらに野球界が面白くなることを期待していますが、メリット・デメリットあるとおもうので、そのあたりはしっかりと調整ができるようになるといいと思います。

Sponsored link

-野球
-, , , ,

© 2022 2アウトでもスクイズ! Powered by AFFINGER5