柳田悠岐と山田哲人は2016年もトリプルスリーを達成できるのかを予想!過去の達成者の翌年の成績は?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


2015年のプロ野球を象徴する選手と言えばはやり2人揃ってトリプルスリーを達成した

柳田悠岐選手と山田哲人選手だと思います。

その快挙は2015年の”年間流行語大賞”にも選ばれるほどの影響を日本に与え大きく報道されました。

トリプルスリーと言えば打率3割以上、本塁打30本以上、盗塁数30個以上を同時に達成することで、

いずれか一つを達成するだけでも凄い事なのですが、それを同時にとなると正に”神業”の様な事です。

それを見事に達成した柳田選手と山田選手は本当に素晴らしいプレイヤーだと思うのですが、

既に二人とも2016年に来季に向け新たな目標を立てているようです。

と言う事で、今回は

過去のトリプルスリー達成者の達成翌年の成績を見ていきながら、

2016年の柳田選手、山田選手の2年連続トリプルスリー達成は出来るのかを勝手に予想

してみたいと思います!

やなぎたゆうきトリプル

出典 http://hawks.gnavi.co.jp/

山田哲人トリプル

出典 プロ野球ヤクルト山田哲人.xy

過去のトリプルスリー達成者の達成翌年の成績は?

と言う事で成績を見ていきたいのですが、プロ野球が始まってからこのトリプルスリーを達成したのは、

柳田選手と山田選手を含めていまだ10人しかいません。

なので、今回は割と最近達成した選手の成績を何人か見ていきたいと思います。

松井稼頭央 2002年に達成(26歳時) ※両打ちでは初の達成

2002年 打率.332 本塁打36 盗塁33

2003年 打率.305 本塁打33 盗塁13

金本知憲 2000年に達成(32歳時)

2000年 打率.315 本塁打30 盗塁30

2001年 打率.314 本塁打25 盗塁19

野村謙二郎 1995年に達成(29歳時)

1995年 打率.315 本塁打32 盗塁30

1996年 打率.292 本塁打12 盗塁8

と言う事で、3人の成績をみてみましたが、共通して言えることは”盗塁数”の減り方ですね。

野村謙二郎選手は怪我の影響もあったと思いますが、30盗塁以上を続けるというのは本当に難しい事なんでしょうね。

実際に盗塁を試みてアウトになってしまうと、ゲームの流れが変わってしまう事もありますので容易な気持ちでは走れないでしょうし、

そうなると、自ずと盗塁企画数が減り必然的に盗塁数が減ってい行っていしまうんでしょうね。

盗塁だけと言うか、とにかく塁に出てかき回す”リードオフマン”という存在なら自分の役割にしっかり集中できると思うのですが、

30盗塁の他に3割、30本塁打を打つというパワースイングも必要になってくるとそのバランスをとるのが難しくなってくるんでしょうね。

あとは、前年にトリプルスリーを達成したと言う事で、今年も同等かそれ以上の成績を残さなければならないというプレッシャーも

半端ないものがあるんでしょうね。

Sponsored Link

2016年の柳田選手、山田選手の2年連続トリプルスリー達成は出来るのか?

因みに2015年の柳田選手と山田選手の成績がこちらです。

柳田悠岐 打率.363 本塁打34 盗塁32

山田哲人 打率.325 本塁打38 盗塁34

トリプルスリーを達成しているので当たり前なんですが、非の打ち所のない成績ですね(笑)

先ほど3人の選手のトリプルスリー達成翌年の成績を見ていきましたが、

いずれの選手も連続どころか2回達成というのもいまだ誰もいないので、更に難易度があがることに変わりはないのですが、

柳田選手と山田選手は来季についてそれぞれ目標を語っており、

柳田選手・・・40本塁打、40盗塁(達成すれば史上初)

山田選手・・・2年連続でのトリプルスリー達成(これも達成すれば史上初)

を目指すと言う事のようです。

どちらも超高難易度の事に代わりはないのですが、どちらかと言うと柳田選手の方が難しそうな感じがしますね。

打率に関しては縛りはありませんが40本塁打と40盗塁できるだけの出塁をしなくてはならないと言う事で、

自ずと率も残ってくると思うので、もしこれを達成出来たら本当に伝説の選手のなりそうですね。

ただ、山田選手の2年連続のトリプルスリー達成と言うのも達成できれば前例のない偉業ですし、

日本野球史を塗り替えることなので柳田選手同様本当に難しい事ですね。

この目標を掲げられるだけでも凄すぎるのですが、はたして2人は目標を達成できるのか・・・?

勝手に予想しているだけのなので参考程度にと言う事で・・・

柳田選手・・・難しい

山田選手・・・達成できる!

正直どちらも達成できると言いたいところですし願っているんですが、

柳田選手の40本塁打はテラスも出来ていますし達成できるかなと思うのですが、40盗塁が難しいのではないかなと思います。

2015年の盗塁企画が40で成功が32と言う事で成功率はトップ10に入る数字なのですが、

この数字から見ると50企画で40盗塁になる計算です。が、2015年に一番盗塁企画した選手でも41と言う事で、

記録から推測すると難しそうな気がしますね。

ただ、このトリプルスリーということ自体も13年ぶりの事で、ほとんどの人が予想もしなかったことだと思いますし、

2人とも年々すごい勢いで進化していますので、それぞれのの目標を達成して、また野球ファンや日本、世界を驚かせてほしいですね!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • ホームズの孫弟子
    • 2016年 5月14日

    はじめまして…長年のスワローズファンです。
    山田哲人選手はドラフトの時、ハズレのハズレ1位だったので、こんな偉大な記録を残す選手に成長するとは正直夢にも思いませんでした。

    で、本題ですが、過去のトリプルスリー達成者が翌年落とす数値が盗塁というのは意外でした。走塁は野球の最も難しい技術だというイチロー選手の言葉もこれで説得力が出ますね…

    素人考えで、走力は若いうちはそんなに急に衰えないと思ってましたが、そんなに簡単な話じゃないですね。そういえば、近年2年連続の盗塁王もいない気がします。また出典は忘れましたが、近年の盗塁王が、その前年の盗塁数は意外に少なかったという記事も見かけました。

    柳田選手の40・40はともかく、トリプルスリーは達成ですかね?

    • 匿名
    • 2016年 8月27日

    あたり?

    • flk.ktm
    • 2016年 9月8日

    山田選手、現役の野球選手の中でNO.1だと思います。今後は三冠王を目指してほしいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...