長友佑都選手が戦力外でインテルからガラタサライに移籍?今後は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


日本人のサッカー選手で、イタリアのサッカーチーム「インテルナツィオナーレ・ミラノ」(インテル)でプレイしている長友佑都選手の移籍が話題になっていましたが。

ついに移籍が決まったそうです。

移籍先は、トルコのクラブチームの「ガラタサライSK」です。

今回は、長友選手の簡単なプロフィールとこれまでの移籍騒動、これからガラタサライでどのようにプレイしていくことになるのかについて書いていきたいと思います。

長友選手のプロフィール

150026_heroa
出典:www.goal.com

本名:長友佑都

誕生日:1986年9月12日

出身:愛知県

所属チーム:インテルナツィオナーレ・ミラノ

ポジション:DF

家族:あり

にほんで生まれ、日本のチームFC東京で選手としてぷりーしたあと 、イタリアに移籍。

最初はチェゼーナでプレイしていたが、2011年からインテルに移籍。

現在インテルに在籍しているが、移籍騒動中。

 

長友選手の移籍騒動とは

インテルは選手層が厚く、そのなかで生き残っていくのは厳しい。

長友もインテルで目に見える活躍をしてきたが、それでもついに監督から戦力外といわれてしまったということです。

長友が下手になったとかではなくて、単にライバルが強すぎるからだと推測できます。

というわけでインテルが長友に移籍先を提示してきたが、長友はインテルに残りたいと考えているようで、どの提案にも納得せずに、残留を希望していたという問題です。

理由はいろいろあると思いますが、長年プレイしたチームや場所を離れるのは辛いものがありますよね。

まして、長友選手とインテルの関係自体はとても良好だったので、このままずっとインテルでプレイしたいという気持ちが強かったのかもしれません。

 

しかし、ついに昔同じチームでプレイしていたスナイデル選手との説得で、トルコのガラタサライSKに移籍することが決まったそうです。

これはイタリアのメディアからの方法ですが、ほぼ間違いないと思いますね。

これから移籍金などの交渉をしていくはずです。

本人も納得してからの遺跡ということで、個人的には、インテルに残って試合に出ないよりも、他のチームにいってもっと試合にでて活躍してほしいって思いますね。

Sponsored Link

ガラタサライSKではどうなる

上でも書いたようにガラタサライはトルコにあるイスタンブールをホームタウンとするサッカーチームです。

リーグは現在18のチームから成るスュペル・リグに所属しているが、ガラタサライSKはその中でも毎年上位に居座っていいます。

というかかなり1位のことが多いです。

チームメンバーも実力者揃いで、他国から来ている選手が多くいるチームです。

インテル時代の長友選手と同僚だった親友のヴェスレイ・スナイデル選手もオランダの選手です。そういう意味では浮くこともなく人間関係の面からみてもやりにくいということはないと思いますね。

これから長友選手がガラタサライで活躍できるかはいまのところは未知数ですが、インテルにいるよりは活躍する可能性は高いと思います。

新しい場所に行くことによってまた何か見えてくるものがあるのかもしれないので、ぜひぜひ頑張ってほしいなと思うところですね。

まとめ

以前からあった移籍騒動がようやく落ち着いたということで、これからの長友選手の活躍に期待ですね。

また、欧州サッカー連盟の主催で行われるチャンピオンズリーグにも出場できる可能性が高いチームなので、そこでの活躍も期待できます。

やっぱり日本の選手が活躍する盛り上がるので、そこも楽しみにしたいと思います!

では今回はこんな感じで。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...