松坂大輔の現在の状態は?手術を受けてリハビリ中!?今後の復帰は?

野球
スポンサーリンク

3年総額12億

2015年、9年ぶりに日本のマウンドに帰ってくる”予定”だった

ソフトバンクホークスの松坂大輔。

しかし、8月も終わろうとしている今現在、登板なし。

松坂と言えば、甲子園の大スター。

プロ野球界に入った後も、入団1年目から圧倒的な投球を披露し、

WBCでも2度の世界一に貢献するなど、日本を代表するエースと言われた時期もあった。

それだけの実績がある分、34歳とピークは過ぎているかもしれないが期待は大きかった・・・

今回は、そんな松坂投手の現在の状況、状態を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

異変はいつから?

9年ぶりの日本球界復帰と言う事で、春の宮崎キャンプから”松坂フィーバー”が起こった。

連日松坂のキャンプ情報が報道され、本人も

”結果を見せていかなければいけない”

と意気込んでいた。

その言葉どおり、キャンプ序盤はスロー調整ではあったが順調にメニューをこなしていた。

実戦での登板もしっかり投げていたが、3度目の登板を終えた翌日、

インフルエンザのB型に感染している事が分かり、3月の18日から5日間の自宅静養となった。

ここからが”異変”の始まりだった・・・

5日間の静養を取った後、練習を再開したが

”右肩の疲労が取れない”

と言う事で開幕には間に合わず、監督を話し合い

”無期限ノースロー調整”になった。

この時点ではまだ、1軍登板はいつになるんだろう?

と期待していた人も多かったと思います。

しかし、その期待とは裏腹に・・・

1か月後にやっと投球を再開し5月20日にはウエスタンリーグのオリックス戦で2回を投げた。

が、4日後に登板予定だった広島戦を、今度は右肩の”違和感”で登板をキャンセルした。

ここで、大丈夫なのか?と嫌な予感がしてきたが、案の定良い報告を聞くことはできないままになってしまった。

8月になっても良くならない右肩

その間にリハビリなど出来ることは何でも試したそうだが、一向に良くならなかった・・・

松坂大輔

出典 MLB NEWS

Sponsored Link

手術

2015年8月18日

松坂大輔はついに手術に踏み切った。

”右肩関節唇及び腱板クリーニング術”

”ベネット骨棘切除術”

”後方関節包解離術”

内視鏡による手術だそうです。

と言っても中々ピンと来る人はいないと思いますが、球団の発表では

”全治6か月”

と言う事なので、来年の開幕を見据えて手術に踏み切ったのかなと思います。

ただ・・・現在の松坂投手を見ていると、本当にまた帰ってこられるのか?

と不安に思ってしまいますが・・・

今後の松坂大輔投手に期待すること

松坂大輔といえば、日本では知らない人はいない!と言うほどの選手ですので、

日本球界や世界の舞台で日本を盛り上げてくれた選手ですので、ぜひもう一度日本のマウンドで投げている姿をみたいですね!

じっくり治して、来年必ず帰ってくることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました