マートンの阪神退団後はメジャーか日本球団の可能性も?日本での成績や実績が凄い!?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


2015年オフに阪神タイガースを退団したマット・マートン選手。

2010年から阪神にやってきたマートン選手は1年目からその圧倒的な打撃センスで、

一躍球界を代表する打者になり、2015年まで阪神の主軸として定着してきて、

すっかりおなじみの選手になっていました。

それだけに、いざ退団となると”寂しさ”もありますが、退団後はどうるするのか?

というのは気になるところですね。

と言う事で今回は、マートン選手は

メジャーに行く?それとも日本球界に残る?

日本での成績や実績が凄い!?

と言う事について書いていきたいと思います!

1マートン

出典 http://laughy.jp/

メジャーに行く?それとも日本球界に残る?

現在、阪神は退団しているものの、いまだその移籍先は決まっておらず、

どうなるのかが注目されているところですが、マートン選手本人は

”メジャーか日本かどちらの可能性もある”

”メジャーでもやって行けると思う”

と言うような発言をしており、まだ決めかねているがメジャーでも通用するという自信もあるようです。

また、現時点では日本球界よりメジャーに行きたいという思いの方が強いように感じるので、

メジャーで納得のいく契約が出来なくて日本球界で興味を示す球団があれば日本球団に移籍と言うような感じになりそうです。

ただ、マートン選手は2015年で34歳と言う事もありますし、今季は打率.276と昨季に比べ大きく成績を落としてしまっていると言うのもあるので、

メジャーでそこまでいい契約を結べるとは思えないので、

”それだったら日本の球団でもっといい条件を提示してくれるところに移籍する”

という感じになりそうな気もしますね。

日本球団にとっては日本での実績があるので、打撃面ではある程度計算できると思うのでそういう意味では、

興味のある球団はあると思うのですが・・・若干怠慢な守備や素行の悪さもあるようで、扱いにくい選手という

レッテルが貼られてしまっているという噂?もあるので、日本球団も積極的に獲得しに行くという感じには、

なりそうにないですね。

本当にあの打撃は魅力的なのでもう一度日本で観たい気もするんですがトータル的に考えると難しそうですね。

金銭的にも2015年の今期は推定4億5000万円の契約をしていたので、マートン選手からしてみれば、

そこまで低い金額では契約したくないという思いもあるでしょうし・・・そう考えると日本球界残留の可能性はかなり低そうですね。

Sponsored Link

日本での成績や実績が凄い!?

上記にも少し書きましたが、最近では素行の悪さと言うか試合中の言動の方がフューチャーされがちだったマートン選手。

ホームへのクロスプレーでの強烈なタックルやスパイクの歯を向けてのスライディング、審判への暴言・・・

ただ、日本球界でのこした成績や実績は本当に素晴らしいものを残しており、期待感のある選手でした。

と言う事で、日本での成績を見てみたいと思います!

2010年 144試合 613打数 214安打 17本塁打 91打点 70三振 47四球 打率.349 OPS.894

2011年 142試合 579打数 180安打 13本塁打 60打点 76三振 24四球 打率.311 OPS.762

2012年 121試合 453打数 118安打 5本塁打 38打点 56三振 18四球 打率.260 OPS.632

2013年 143試合 566打数 178安打 19本塁打 85打点 81三振 42四球 打率.314 OPS.845

2014年 142試合 532打数 180安打 14本塁打 84打点 64三振 46四球 打率.338 OPS.872

2015年 140試合 544打数 150安打 9本塁打 59打点 77三振 31四球 打率.276 OPS.691

NPB通算 832試合 3287打数 1020安打 77本塁打 417打点 424三振 208四球 打率.310 OPS.789

獲得タイトルと表彰

首位打者(2014年)

最多安打(2010年、2011年、2013年)

ベストナイン(2010年、2011年、2013年、2014年)

連盟特別賞(2010年)

月間サヨナラ賞(2013年6月)

と言う事で、日本で6シーズンを過ごしたマートン選手ですが、打率に関しては軽く3割りを越えていますし、

特に来日1年目の衝撃は凄かったですね。

来ていきなり、当時の日本球界の1シーズンの最多安打記録を樹立し打率も.349と最高のシーズンになりました。

しかも、右打者の俊足タイプでもない打者が・・・

2015年に西武の秋山選手に記録は塗り替えられましたが、俊足の左打ちと言う事で、

マートン選手の214安打というものの凄さがよりわかりますね。

これだけの成績や実績を残して大活躍しただけに、まだ野球の出来る年に素行などの問題もあり、

観れなくなってしまうかもしれないというのは悲しい事ですし、もったいない様な気がしますね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...