川崎宗則がFAでホークスに復帰!?ブルージェイズで人気者だったが海外の反応は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


あの川崎宗則選手が日本にそしてホークスに帰って来るかもしれません。

今季はトロントブルージェイズで23試合に出場していますが、ほとんどはマイナーでの生活となっていました。

そして、2015年オフ。川崎選手はFAとなりました。

しかし、まだ球団はおろか日本かアメリカか、はたまた残留かというのも分かっていませんが、

川崎選手の去就はどうなるのか?

海外でも人気者の川崎選手への反応は?

と言う事について書いていきたいと思います。

川崎1

出典 http://firstbaseman.net/

川崎選手の去就はどうなる?

川崎選手本人は取材に対して

”僕は決めている。待っていてください”

と意味深な発言をしていおり、現時点は本当にどうなるのかは分かっていませんが、

個人的にはホークスに帰って来るんじゃないかと思っています。

2015年オフには古巣のホークスで共に戦いメジャーでもチームは違えど一緒に頑張っていた和田投手が

ホークスに復帰することが決まっていますし、なにより”野球”が好きで”やりたいこともある”という発言もあったので、

どうしても出場機会に恵まれないメジャーでプレイし続けるより、日本のホークスという愛着のあるチームで、

もう一度日本一を勝ち取るために帰ってくるのではないかと思いますね。願いもかなり入っていますが(笑)

ただ、あるスポーツ番組では

”自分がやりたいことをやる。何がやりたいのか、どこでやりたいのか、それだけ”

という発言もしていたので、この発言が

”メジャーで花を咲かせたい”

”アメリカで野球を楽しみたい”

という意味にもとらえることが出来るので、個人的にはホークスに復帰し、もう一度ムードメーカー的な存在や華麗な守備や打撃を

見せてほしいなと思いますね。

Sponsored Link

川崎宗則選手への海外での反応は?

地元のCityNewsは「ブルージェイズが暗かった時もダッグアウトに命を吹き込んでくれた、我々は川崎を愛している」という見出しで紹介するなど、ベンチの功労者をたたえて「ベス・トオブ・川崎」を紹介している。

http://news.aol.jp/より引用

このことからも分かるように川崎選手はその超明るいキャラクターでメジャーやブルージェイズの選手達から非常の愛されており、

通訳なしのインタビューの受け答えだったりベンチでの謎の行動などがフューチャーされていて、

その一生懸命英語を話そうとしている姿や姿勢が海外の人たちからも人気で川崎ファンは非常に多いようです。

ただ、実績の方はというと、

マリナーズ

2012年 61試合 打率.192 20安打 7打点 出塁率.257

ブルージェイズ

2013年 96試合 打率.229 55安打 24打点 出塁率.326

2014年 82試合 打率.258 62安打 17打点 出塁率.327

2015年 23試合 打率.214 6安打 2打点 出塁率.313

と言う感じで2015年シーズンはメジャーに来てから断トツで試合出場が減り、

厳しい状況になっているのが分かります。

海外でも人気な川崎選手ではありますが、やはりプロの世界と言う事で人気だけでは試合に出場できず、

苦しいシーズンが続いています。

ただ、チャンスでの川崎選手の打席などは盛り上がり方が半端ではなく、いるだけでチームの雰囲気も良くなり

結果的に良い方向にゲームが進んでいくという、数字では見えませんが多くチームに貢献していることは分かるような気がします。

また、ブルージェイズのGMは

「ムネが戻ってくる扉を常に開けておく。選手もコーチもフロントも皆、ムネのことが好き。でも、彼が日本を選んだら、それを尊重する。彼は日本からのオファーを受けるにふさわしい選手」

http://news.livedoor.com/より引用

と語っており、川崎選手の去就は選手、スタッフに関わらず、海外のファン、特にブルージェイズ、川崎選手にファンにとっても気になるところでしょうね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • タカシ
    • 2016年 11月24日

    川﨑宗則さんもホークスに帰ってきてね。応援してます。待ってるよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...