今井達也(作新学院)はドラフト1位候補!?球種や甲子園などでの成績は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


作新学院の今井達也投手

2016年夏の高校野球甲子園大会で見事優勝投手となり、一躍有名になりましたね!

今年は投手の”BIG3”として花咲徳栄の高橋横浜の藤平履正社の寺島の3投手に注目が大きく集まっていましたが、

結果的には今井投手が圧倒的な投球で話題をさらっていきました。

全国の県大会を勝ち上がってきた高校相手にほぼ一人で投げぬき優勝。

今や”BIG3 ”より評価が上がってきているんではないかと思うぐらいの活躍でしたね。

と言う事で、今回はそんな今井投手

球種や最速、投球スタイルは?

甲子園や県大会での成績は?

2016年のドラフト1位候補?

と言う事について書いていきたいと思います!

%e4%bb%8a%e4%ba%95%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%88

出典 http://goose-7-richit.com/

球種や最速、投球スタイルは?

作新学院の今井達也投手の

球種・・・ストレート、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ

最速・・・152㌔(2016年9月時点)

スライダーに関してはキレ、変化量ともに非常にハイレベルで、ほとんどがこのスライダー系とストレートの

コンビネーションで打ちとっている印象ですね。

以前はコントロールに難があると言われていましたが、今年の甲子園や大学日本代表との試合を見る限りではアウトコースに

しっかり投げ切ってる光景が多くみられ、かなり改善されているようにみえますね。

そのコントロールに加えて最速も152㌔を計測したと言う事でまさに”鬼に金棒”という感じの投球になっていましたね!

Sponsored Link

甲子園や県大会での成績は?

と言う事で、今井投手が2016年夏にどれぐらいの成績を残したのかを見てみましょう!

2016年 夏

甲子園大会

5試合 5先発 5勝 0敗 41投球回 29被安打 44奪三振 17四死球 5自責点

U-18アジア選手権

2試合(予選、決勝でいずれも台湾戦)2先発 9.1投球回 7被安打 6奪三振 6四死球 0自責点

大学日本代表

1試合 2投球回 1被安打 5奪三振 0四死球 0自責点

凄すぎますね・・・。

まさに”神っている”成績にみえますが、今井投手の身体的なポテンシャルとそれを最大限に引き出すメンタルが

かみ合った”必然”の結果なのかもしれないですね。

どれも同年代のトップレベルの試合ですが、その全てでこの圧倒的な成績はやはり物が違いますね。

2016年のドラフト1位候補?

間違いなく2016年のドラフトでは1位指名で複数の球団が指名すると思いますね!

上記でもさんざん今井投手の凄さを書いてきましたが、同年代では頭1つ2つ抜けており、

身体的にはまだまだ細身なので、更に体作りをすれば球速やコントロール面での成長も見込めると思うので、

1年目からガンガン活躍とはいかないかもしれませんが、かなり早い段階で1軍で活躍できる投手になれるのではないかと思います。

ただ、1つ心配なのは今夏の過密投球でかなり疲労がたまっていると思うので、しっかりケアをして怪我だけには十分

気を付けてほしいですね。

今井投手のプロでの活躍を期待しています!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...