ヒョードル実戦復帰!今までの戦績や引退後は何をしていた?実はジェットコースターが大好き?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


エメリヤーエンコ・ヒョードル

あの人類最強と言われた男が2015年の大晦日に帰ってくる!

・・・といっても、嬉しさ半分本当に大丈夫なのか?戦えるのか?

と疑問、不安になってしまいますが・・・

と言う事で、今回は

ヒョードルの戦績は?

引退後は何をしていた?

実はジェットコースターが大好き!?

と言う事について書いていきたいと思います!

その前に少しプロフィールをー

プロフィール

ヒョードル・ウラジーミロヴィチ・エメリヤーニェンコ

ロシア語表記・・・Фёдор Владимирович Емельяненко

生年月日・・・1976年9月28日

国籍・・・ロシア

身長・・・183㎝

体重・・・104㎏

リーチ・・・188㎝

階級・・・ヘビー級

経験種目・・・総合格闘技、サンボ、柔道

今年(2015年)で39歳なんですね。

イメージ的にはもっと年上の感覚でしたが意外と若かったんですね・・・

といっても、格闘家としてみたらやはり高齢の部類ですので,

あの凄まじい力を誇ていた全盛期とは大分差があるのかなと言う感じがしますね。

でも、また見れると思うと楽しみではありますね!

ヒョードルの戦績

総合格闘技

通算40試合 35勝 4敗 偶然のバッティングによる無効試合1

10KO勝ち 一本勝ち16 8判定勝ち

ただ4敗のうち1敗は2000年に行われた高阪剛との試合だが、成績上はドクターストップのTKO負けに

なっているが、実際はフックをかわした直後に反則の肘が当たって出血したもので、

実質的には負けではないですね。残りの3敗は2010年(当時34頃)から2011年にかけて3連敗と言う事なので

全盛期は圧倒的に強かったと言う事が数字からも分かりますね。

テレビで見ていても負ける気がしなかったですし、あのケビン・ランデルマン戦では

脳天から落とされたにもかかわらず、立て直して一本勝ちしたりと、正に不死身の様なタフさでしたね。

柔道

国際大会や全ロシアの大会を含めて

優勝3回 3位2回

スポーツサンボ

主要な大会で

優勝3回 準優勝1回 3位2回

コンバットサンボ

主要な大会で

優勝9回 3位1回

総合格闘技を始める前の柔道やサンボでも圧倒的な強さを誇っていたんですね。

現在のヒョードルのバックボーン的なところですね!

引退後は何をしていた?

2012年に引退したヒョードルは

ロシアスポーツ省の特別補佐官

ロシア格闘技連盟の代表

に就任しており、仕事をしているところを日本のテレビ番組でも放映していましたね!

また2014年に行われたソチオリンピックでは聖火ランナーも務めていました。

Sponsored Link

実はジェットコースターが大好き!?

”氷の皇帝”なんて言われてたほど冷酷でまるで機械のように相手選手を痛めつけていく、

姿が印象的でしたが、実はジェットコースターが大好きの様で日本に来るたびに

あの”富士急ハイランド”にいっていたんだとか(笑)

富士急のジェットコースターでヒョードルが笑顔で乗っているのが想像できないですけどね・・・

他にも描絵だったり読書が好きだったりとインドアな部分もあるようです。

そういうのを聞くと、ちょっと人間味があって(人間なんですが)印象も変わりますね!

まとめ

今回39歳にして現役復帰という流れになっていますが、正直体のキレやパワーは落ちている

と思います。

Fedor_Emelianenko_2009

出典 wikipedia

が、ヒョードルは古傷も治ってきてトレーニングもしっかり行っていると言う事なので、

また日本を湧かせてくれるような試合をしてくれそうですね!

まだ対戦相手などは決まっていませんが今から非常に楽しみですね!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...