早川隆久(木更津総合)の変化球や成績などは?2016年のドラフト候補にもなっている?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


2016年の春のセンバツ高校野球にも出場が決まっている木更津総合ですが、

そのチームでエースナンバーを付けているのが、

早川隆久投手です。

と言う事で、今回はその早川投手について

プロフィール

成績や変化球や投球スタイルなどは?

2016年のドラフト候補にもなっている?

と言う事に関して書いていきたいと思います。

プロフィール

早川隆久(はやかわ たかひさ)

1998年7月6日生まれ

千葉県横芝光町出身

身長・・・178㎝

体重・・・70㎏

木更津総合

投手

左投げ左打ち

早川ドラフト

出典 http://news.livedoor.com/

身長178㎝となっているみたいですが、見た感じの印象ではほっそりしているせいもあるのかもしれませんが、

もう少し小さ様な感じがしましたね。

ただ、まだ高校生ですし身体的な伸びしろはかなりありそうな印象がありますね。

成績は?

2015年 春

選抜

2試合 2先発 12投球回 14被安打 7奪三振 6与四死球 自責点6 防御率4.50

2015年 秋

千葉県大会

5試合 3先発 24投球回 17被安打 30奪三振 1与四死球 1失点

関東大会

2試合 2先発 18投球回 12被安打 13奪三振 5与四死球 2失点

神宮大会

1試合 1先発 6.2投球回 7被安打 2奪三振 7与四死球 4失点

2015年秋の県大会では5試合24回を投げ1失点に30奪三振と最高の投球を披露し格の違いを見せたという感じの成績ですね!

関東大会でも安定した投球でしたが、神宮大会では強打の大阪桐蔭打線に4失点と打たれてしまいましたが、

実は腰の痛みがあり、痛み止めを打っての強行出場だったようです。

その腰痛の影響もあって1月は投球練習を行っていないようですが2月からは練習を再開すると言う事らしく選抜には

しっかりと合わせてくると思われます。

とは言っても個人的にはまだ身体的にも成熟していない高校生ですし、

ましてやドラフト候補にもなるような将来性のある投手を強行出場させるというのはどうかと思いますね。

本人が行きたいと言ったとしても絶対に止めるべきですね。

と、終わったことなのでどうしようもないですが、再発しないようにケアなり補強トレーニングなどしっかりやって、

万全で投げられるように無理だけはしないでほしいですしさせないでほしいですね。

Sponsored Link

変化球や投球スタイルは?

早川隆久投手の持ち球

ストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ

ストレートの最速は142㌔だということですが、球の回転を意識し打者の手元で伸びるようなイメージを

持って投げているようです。

そのため球速表示より速く感じるストレートに加え、スライダーは縦変化と横変化の2種類あるようで、

そこにカーブ、チェンジアップとタイミングでずらすという投球スタイルですね。

フォームは常にセットポジションの投球でいい意味で力感のない非常に安定したフォームだと思います。

持ち球やサウスポーと言うことで若干巨人の杉内投手のようなタイプのような感じがしますね。

2016年のドラフト候補になる?

高校生左腕の中では1、2を争うような注目度のようですね。

実績もしっかり残していますしマウンド度胸もあり身体的にもまだまだ線が細いので、

トレーニングを積んでいけば球速はさらに伸びてコントロールの安定感も出てくると思うので、

伸びしろ的にも計り知れない可能性を秘めていると思うので、怪我なく順調にいけば、

2016年秋のドラフト会議の候補には各球団入ってくると思いますね。

何度も言いますが怪我だけには気を付けてほしいですね・・・。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...