原嵩投手は2015年のドラフト候補?甲子園出場も決定した専大松戸の投打の要

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


甲子園の出場をかけた千葉県の大会予選では劇的なランニング満塁ホームランを放つなど話題を集めた。また、原選手のお母さんが昨年に病気で亡くなっており、母から言われた「私のことは気にしないで、野球に専念して甲子園に行ってね」との言葉通り念願の甲子園出場をつかみ取り約束を果たした。というエピソードもある。

原選手の特徴は、なんといっても恵まれた体格からくりだされる威力のあるストレート。迫力ある投球フォームから球を投げおろす本格派右腕です。

と言う事で、今回は千葉県の専大松戸のエースで4番の原嵩投手の魅力やドラフト情報、考察などをご紹介していきたいと思います。

プロフィール

原 嵩(しゅう)

茨城県龍ケ崎市出身

専大松戸高校(千葉県) 3年

投手、右翼手

右投げ右打ち

身長・・・185㎝

体重・・・84㎏

最高球速・・・148㎞

球種・・・ストレート、ツーシーム、カットボール、スライダー、カーブ、スプリット

遠投・・・110m

50メートル走・・・6秒1

2015年夏の大会予選成績 投手 22回3分の2、被安打15、三振19、四死球7、失点3

打撃 22打数13安打、2本塁打、9打点、三振3、盗塁4、出塁率.667、打率.591

原嵩

出典 なまらポジティブ大学生

Sponsored Link

ドラフト情報

各球団から投打で高い評価を受けており、2015年夏の大会予選の決勝では阪神など3球団のスカウトが訪れた。

ただ、どちらかというと投手としての評価をしている球団が多い。

腕の振りが良く、力強い球を投げている” ”体格もいいしこれからの成長が楽しみ

など、将来の期待度も、うかがえる。

一方、”ドラフトの対象になるにはもう少しレベルが上がってほしい” など厳しい意見もでた。

しかし、どの球団も、その潜在能力、素質はあると見込んでいるようで、これからどう育てるかや、将来性も込めて、ドラフトの候補になることは間違いなさそうです。

原 嵩選手の考察

まずは、やはり体格の良さに目がいきますね。一概には言えませんが、体格の良さは一つの武器であり、これからの将来性や伸びしろを感じさせてくれます。

そして、高校生の中では、走攻守においても頭一つ抜けており、打者としても器用なバッティングで打率を残していますし、走力に関しても50mを6秒1で走ると言う事で、体格が良いだけではなく、身体能力の高さも身に付けています。

筆者の気持ちとしては、プロに行くのなら投手で観たいなぁと思っています。

やはり、これからプロでしっかり体作りをすれば、球速もかなり上がるでしょうし変化球も多彩に持っているので、一つ一つを精度を上げていけば、日本で、そして世界にも通用する投手になれる素質があると思うので、勝手にすごい期待しています!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • あかさ
    • 2015年 10月4日

    とても参考になりました!ありがとうございます

      • ninja
      • 2015年 10月7日

      コメントありがとうございます!
      原選手のこれからが楽しみですね。

    • 専修応援オヤジ
    • 2015年 10月22日

    原くんのプロデビユー期待してます!!

      • ninja
      • 2015年 10月22日

      そうですね!
      間違いなく逸材ですしプロ野球で活躍している姿が観たいですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...