野球のハーフスイングを判定する時の基準は?審判は正確に判断できる?塁審に判断を仰ぐ意味とは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


今日プロ野球の試合を見ていて思った事。

見た感じでは明らかにバットをスイングしたかに見えたのにノースイングになった場面と途中でバットが止まったのにスイングになったシーンがありました。

”ハーフスイング”:投手がボールを投げて打とうとした打者がバットを中途半端にだして止めること。

の事をいいますね。

野球の試合ではハーフスイングっていうのはないので、そのきわどいスイングをスイングしたかしていないかを審判が判定するわけです。

が、その基準っていうのは正確に決まっているのかなと思ったわけですね。

というわけで、今回の記事ではハーフスイングの基準と審判がどのくらい正確に判定できるのかという事について書いていきたいと思います。

ハーフスイングを判定する基準は?

結論から言うと、ルールブックでも明確には決まっていないようです。

つまりは完全に審判が主観でスイングしたかどうかを判定しているわけですが、

その判定の仕方は、どこまでバットが回ったとかいうのではなく、バッターがボールを打つ意思があったかどうかなかったかどうかを判定しているとも言えます。

でも実際は審判たちもバッターがスイングをしたという基準についてあるいど自分たちの中で基準を設定しているはずですね。

どの辺りまでバットが出たか

手首が返っているか

なんかでも判定しいると思います。

Sponsored Link

塁審に判定を求める意味は?

自分がいままで勝手に思っていいたのは、ハーフスイングの判定をする際に主審が1塁の塁審や3塁の塁審に判定を求めるので、そこから見えるバットの角度なんかで判定しているのかと思っていたのですが、少し違ったようですね。

これは主審が投手の投げたボールがストライクかどうかを見ているうえにバッターのバットがどこまで出ていたかを見るのは難しいので、1塁と3塁の塁審にバットの方の判定を任せるという意味もあるようです。

正確に判断はできる?

ここまでで既に結論は出ているんですが、一応。

バッターのハーフスイングを、スイングかノースイングかを判定する明確な基準はないけど、それぞれの審判はある程度の基準を元に判定しているという事ですね。

つまり審判が正確に判断できるかどうかではなく、審判がした判断が正しい答えっていう事ですね。

まとめ

思ったよりもルールが曖昧だったんですね。

明確にルールが決まっていれば納得のいく場面も増えると思いますが、これから細かいルールを作るにしても難しいと思いますね。

それはそれで審判の負担が増えて正確な判断ができるとは限りませんしね。

いまはチャレンジ制度(ハイスピードカメラでいろいろな角度から撮影した動画を元に判定する制度)なんかもあるのでそのうちスイングの判定なんかもできるようになったりしそうですけどね。

メジャーリーグのチャレンジ制度ってどんなルール?ビデオで判定をする仕組みはどんなかんじ?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • 通りすがれない通行人
    • 2016年 8月14日

    ハーフスイングで、球審がボールだと判断し場合に捕手または、守備側の監督のみが球審に塁審に聞いてくださいと、リクエスト出来ます。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...