長野久義は英語が話せる?巨人に入団したくてドラフト会議で指名拒否した?一番良かった時の成績は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


長野久義選手は巨人に所属するプロ野球選手ですが、最近の成績は微妙な感じですね。

微妙といえば長野選手だけではなくて、巨人の野手は全体的に微妙な感じでした。

次のシーズンはもっと活躍できるという予想もありますが、実際はどうなるかわかりませんね。

監督も選手兼打撃コーチだった高橋由伸監督にかわるのでそれをきっかけに全員が復活してくれるといいですが、どうでしょう。

とりあえず、今回の記事では長野選手に関することについて幾つか話題をまとめてみたいと思います。

長野久義選手のプロフィール

chono

引用元:http://magazine.ietty.me/life/kyojin/

生年月日:1984年12月6日

身長:180cm

ポジション:外野手

日本プロ野球での選手歴

2009年:ドラフト1位で入団

2010年〜2015年:読売ジャイアンツ

長野久義選手は英語が話せる?

長野選手は英語が普通に話せて外国人選手の通訳なんかも普通にこなせるくらいの実力があるようです。

巨人にいたラミレス選手(2016年からDeNAの監督)とも英語でしゃべっていたりするそうです。

長野選手が語学留学をしたっていう話は聞いてませんがどこで勉強してたのかというと、

小学5年生から中学3年生までの5年間:英会話塾

日本大学でも勉強

国際試合などでも英語に触れる機会が多い

という感じで本人も英語が好きでさらに学ぶ機会も多かったようです。

実際に完全にペラペラっていう感じかどうかはわかりませんがかなりのレベルなのは確かなようですね。

Sponsored Link

ドラフト会議での指名拒否の話は?

結構有名な話ですが、長野選手が巨人に入団したくて他の球団から指名を受けたのを拒否したという話ですね。

ドラフト会議は交渉権を獲得した球団への入団を拒否した場合その年は他の球団に入団することはできないので、次の年のチャンスを待つことになります。

そして拒否した指名は

2006年:日本ハムファイターズのドラフト4位

2008年:千葉ロッテマリーンズのドラフト2位

という感じで1年空いていますが2回の指名を拒否していますね。

その間は本田技研工業で社会人野球をやっていました。

長野選手は社会人野球でもかなりの成績を残していたのでついに2009年のドラフト会議で巨人から1位指名をうけて無事に入団したというエピソードですね。

一番良かった時の成績は?

2015年はあまりいいとは言えなかった長野選手の成績ですが、入団から6年で一番良かった時はいつでしょうか。

長野選手は野手なので、打撃成績で見てみると

試合数 打点 打率 本塁打
2010 128 66 .288 19
2011 140 58 .316 17
2012 144 84 .301 14
2013 144 82 .281 19
2014 130 67 .297 13
2015 130 49 .251 15

打点、打率、本塁打の成績が一番いいところに色をつけてみましたが見事にプロ入りした直後のときが一番いいですね

打点と本塁打に関しては試合数が違うっていうのもあると思いますが打率は普通に下がってきていますね。

このまま行くと大丈夫かなっていう気はしますが、巨人の中では貴重な人材だと思うので是非とも復活して欲しいですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...