2015年にFA権を獲得した大物は?行使₍宣言₎や移籍するかもしれない選手は?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


2年連続でソフトバンクホークスが日本一に輝きプロ野球の全日程が終了しました。

が、既にどのチームの来季に向けての準備が始まっており、ドラフト会議などももありましたが、

最大の即戦力獲得ポイントと言っても過言ではない”FA権選手に獲得”。

と言う事で、10月29日から11月10の間でそのFA権を取得している選手達はそれを行使するか、しないかを

決めることになります。

と言う事で、今回は

FA権を取得している大物選手は?

その中で移籍が注目されそうな選手は?

と言う事について書いていきたいと思います。

FA権を取得している大物選手は?

今年(2015年)に国内FA権、海外FA権いずれかを獲得している選手は、引退を宣言している選手も含めると

95人います。因みに取得者で引退を表明している選手は高橋由伸(巨人)、谷佳知(オリックス)、和田一浩(中日)、谷繁元信(中日)、

東出輝裕(広島)など16名です。

FA権に関連する記事はコチラ⇒野球のFA権はどういうシステムで取得条件は?取得している選手もうすぐしそうな選手は?

今年は世代交代ではないですが、球界を引っ張ってきた選手達が多く引退した年になりましたね。

と言う事で、

FA権を獲得している大物(筆者の独断)選手達を見ていきたいと思います!

国内FA権を獲得している選手

投手

・摂津 正(ソフトバンク)

・山口 鉄也(巨人)

・高橋聡文(中日)

捕手

・大野奨太(日本ハム)

内野手

・畠山和洋(ヤクルト)

・坂本勇人(巨人)

・石川雄洋(DeNA)

外野手

・坂口智隆(オリックス)

・藤井淳志(中日)

海外FA権も取得している選手

投手

・岸孝之(西部)

・武田久(日本ハム)

・石川雅規(ヤクルト)

・館山昌平(ヤクルト)

・杉内俊哉(巨人)

・内海哲也(巨人)

・岩瀬仁紀(中日)

・山井大介(中日)

・三浦大輔(DeNA)

捕手

・細川亨(ソフトバンク)

・炭谷銀仁朗(西部)

・嶋基宏(楽天)

・石原慶幸(広島)

内野手

・松田宣浩(ソフトバンク)

・本多雄一(ソフトバンク)

・井口資仁(ロッテ)

・今江敏晃(ロッテ)

・中村剛也(西武)

・阿部慎之助(巨人)

・村田修一(巨人)

・西岡剛(阪神)

・荒木雅博(中日)

・森野将彦(中日)

外野手

・内川聖一(ソフトバンク)

・栗山巧(西部)

・松井稼頭央(楽天)

・亀井善行(巨人)

・多村仁志(DeNA)

以上がピックアップした選手達です!

絞ったつもりだったんですが結構多くなってしまいましたね。

っとは言っても、上記の選手達がFA権を必ずしも行使すると言う訳ではなく、

あくまでFA権の取得者です。

これらの選手は実績も十分で正に即戦力、チームの戦力として計算できる選手達なので、

もし、FA権を行使するとなれば争奪戦になることが十分予想できる選手となるので、

その動向が非常に注目されています。

Sponsored Link

FA権を行使しそうな選手は?

FA権は行使しても移籍せず残留するこも出来ます。

行使したうえで他球団の話を聞いたり勿論現在の球団とも話ししたりして、

最終的に移籍するか残留するか決めることが出来るのでそういう意味でも行使する選手もいます。

と言う事で、FA権と行使しそうな選手は

ヤクルト 畠山和洋 内野手

畠山選手は2015年に105打点で打点王のタイトルを獲得しており、

長打力が魅力の選手ですが、FA権を行使するのか?と言う事について

”他球団の評価も聞いてみたい”と言っているみたいなので可能性は高いと思います。

ただ”ヤクルトに残るのが大前提”とも言っているようなので移籍するかは微妙なようですね。

と思ったのですが・・・

11月30日に衣笠球団社長兼オーナーが”FA権を行使するなら残留を認めない”という意向を示したので

いよいよ分からなくなってきましたね。本人はかなり悩むところだと思いますね。

unnamed

出典 http://bokuhadokoheitta.blog.fc2.com/

オリックス 坂口智隆 外野手

坂口選手は既に退団が決定的になっているようで移籍は間違いないようです。

球団からの提示額がかなり低かったというのも多少あるとは思うのですが、本人は

”もう一度、野球人として勝負がしたい”

と言う事で移籍を決断したそうです。怪我などに苦しんだ時期もありますが、

身体能力は非常に高くまだまだやれると思うので興味のある球団は多いと思いますね。

他には中日の藤井淳志外野手もFA権を行使する可能性が高いと言われています。

その理由として球団から”残ってくれ”との声や条件提示が無かったそうで、

”寂しいし、悲しい”と語っており宣言するのではないかと言われています。

あとはソフトバンクの松田選手やロッテの今江選手も行使する可能性を示唆しているので動向も気なるところですね!

松田選手のFAに関連する記事はコチラ⇒松田宣浩選手のFA宣言での阪神タイガース移籍の噂まとめ!阪神との関係や補強ポジションなど!

FA権宣言をしない選手は?

FA権を取得しているが行使しないと言っている選手もいます。

・楽天 嶋基宏

・西武 炭谷銀仁朗、栗山巧

・日本ハム 大野奨太

・DeNA 石川雄洋

・ヤクルト 館山昌平

などは既に球団と話も出来ているようでFA権は行使しないと言っています。

まとめ

FA権というのは誰もが取得でるものではなく、長い間試合に出場しなければならなく、

その為にはしっかりと結果を残さなければならず、ある意味勲章よご褒美の様なものだとおもうので、

選手としては自分の評価を確かめたという気持ちや憧れの球団に行きたいという思いがあれば行使した方が

良いと思いますね。と言う事で、どの選手が行使して移籍したりするのか注目ですね!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...