野球のFA権はどういうシステムで取得条件は?取得している選手もうすぐしそうな選手は?

この記事は2分で読めます

よく野球でオフシーズンになると

”FA権”

という話題が出てきますが、何と無くは分かっていても具体的な年数やシステムはどうなっているのか、

あまり知られていないと思うので、

今回は、

FA権のシステム

FA権を獲得している選手は?

もうすぐ獲得しそうな選手は?

と言う事について書いていきたいと思います!

FA権のシステムについて

FAとは?

FAとはフリーエージェントの略で、

FA権とはフリーエージェントを行使できる権利のこと。

このFA権には国内FAと海外FAの2種類があり、獲得した選手は権利内に定められた球団と自分の意思で契約することが出来ます。(同じ球団も可)

また外国人選手を除く、年棒の上位10位までの選手がFA移籍をする際は、一定の条件下ではありますが移籍元の球団は、

移籍先の球団から人的補償や金銭補償を受けることが出来る場合もあるそうです。

パワプロなどゲームをしていてFA選手獲得の際に金銭や人的補償があったのは年棒が上位10位以内の選手だったからなのかと、ふと思いました(笑)

FA権の取得条件は?

先ほどFA権には2種類あると書きましたが、

国内FA権は・・・8シーズンの出場選手登録日数が必要

海外FA権は・・・9シーズンの出場選手登録日数が必要

※出場選手登録とは1軍登録されている選手のこと。

※シーズンに関しては一軍登録されている日数が145日以上あれば1シーズンと数える。

145日が未到達の場合は他の未到達だった年の一軍登録日数を合計して145日を越えていれば、それも1シーズンと数える。

因みにFA制度は1993年に導入されたそうですが2003年、2008年に改正されているようです。

正直、筆者もこんなに細かいルールまでは知らなかったのですが2015年現在はこんな感じだそうです。

ただ他にも選手を年棒によってランク付けしてそのランクによって補償条件が変わってきたり、

契約金や、年棒の事だったり出場登録日数に関しても更に細かく日数のカウントの仕方などがあるようですが、

大まかに説明すると今回ご紹介したようになります。

Sponsored Link

もうすぐFA権を取得する選手は?

取得している選手(2015年時点)

巨人 山口鉄也投手・・・育成選手としては初めての国内FA権取得

巨人 内海 哲也・・・国内、海外FAの両方取得

巨人 坂本 勇人・・・国内FA権を取得

ヤクルト 畠山和洋・・・2015年4月に国内FA権を取得

ソフトバンク 松田 宣浩・・・国内、海外FAの両方取得

ソフトバンク 本多 雄一・・・国内、海外FAの両方取得

ソフトバンク 内川 聖一・・・国内、海外FAの両方取得

西武 岸  孝之・・・国内FA権取得

西武 中村 剛也・・・国内、海外FAの両方取得

 

楽天 嶋  基宏・・・国内、海外FAの両方取得

阪神 西岡  剛・・・国内、海外FAの両方取得

オリックス 坂口 智隆・・・国内FA権取得

a2aa6100-s

出典 http://nanj-push.blog.jp/

もうすぐFA権を取得する選手

ソフトバンク 柳田 悠岐・・・はやくて国内FA権はあと3年。(2018年のオフ)

ソフトバンク 五十嵐 亮太・・・2016年に取得予定

ヤクルト 川端 慎吾・・・2016年シーズン中に国内FA権を取得予定

広島 前田 健太・・・2015年か2016年に国内FA権を取得

中日 平田 良介・・・2016年に取得予定

日本ハム 中田  翔・・・2017年に取得予定

他にもたくさんいますが、筆者の独断でピックアップしてみました。

結構有名どころがFA権を取得、もうすぐ取得するのでオフシーズンの動向に注目ですね!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
宜しければ下にコメントを残してくれるとうれしいです!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート実施中!!

あなたのなかで一番興味のあるスポーツはどれですか?(3つまで!)

View Results

Loading ... Loading ...